不妊治療の取り違え防止業務

当社は、札幌市に所在する不妊治療の取り違え防止業務の委託会社です。
最近の体外受精の発展は目覚ましく、多くのご夫婦が体外授精を受けるようになってきましたが、北海道の主要都市は札幌しかないため、北海道全域の患者が札幌に集中する構造になっています。

当社の強み

不妊治療業務に必須な取り違え防止業務

不妊治療業務を支障なく行うにはすべての工程に取り違え防止業務が必要です。
人工授精に用いる精子、採卵後の卵子、培養時の胚はそれぞれの患者から採取したもので、固有の由来がありますが、見た目には違いがなく、取り違えが起きた場合には将来にわたって深刻な問題を生じます
これを防ぐのが取り違え防止業務です。
取り違え防止業務を主に行うのはダブルチェッカーです。

医療機関自体がダブルチェッカー採用を行い業務させていることが多いが、不妊治療関連の人材不足よりアウトソーシングしている場合も多くなっています。
この作業を確実に行えるのが当社の強みです。

取り違え防止業務の高い技術力、顧客のニーズに応じた胚培養業務

当社は、顧客の要望に従って、どのような取り違え防止業務も遂行する能力があります。
オーダーに従って胚培養工程のスケジュール表を作成しそれに従って取り違え防止業務をスムースに遂行することができます。

当社はWEBを活用した「集客」を主軸にサービスを提供しています

WEB集客の最大の利点は結果を「数値化」できる点にあります。
数値を元に仮説を立て、実行、検証、見直しを行う事で「改善」ができます。

とことん「スピード」にこだわります。
ノウハウを出し惜しみすることなく、最善の解決策を最短で見つけ、成果にこだわります。

クライアントの皆様に、
期待と想像を超える「感動」して頂けるサービス提供を心がけ、
少しでも貴社の事業発展にすばやく寄与していきたいと願っております。

実績を生み出す源

社内半数以上のスタッフがリスティング広告の運用者で構成されております。
営業担当のスタッフよりも運用担当者の数が多いのは、それだけ運用者の育成や運用力の強化に力を入れているからこそです。

弊社は多くの広告代理店のパートナーとしてリスティング広告の運用業務を下請けでお受けしておりますが、弊社から外部業者に委託することは一切ありません。運用の品質を保ちつつ、大量の案件もお受けすることが可能です。

予算の無駄遣いを抑える運用費の固定化で、費用対効果を高める

他社との大きな違いの一つとして、運用代行費用が固定であるという点です。
リスティング広告の代行費用は段階を設けて月々の費用を固定に設定しております。
一般的な業者は月々の運用広告額の20%を運用代行費用として請求しますが、これの問題点は「広告費を増やすと、比例して運用代行費用も増えてしまう」点です。

しかし、ある程度の予算幅であれば、リスティング広告代行における工数は大きく変わらないはずです。適切な予算幅であれば手数料は一律にし、予算の無駄使いや意味の無いキーワードの追加等を抑えれば、費用対効果は必ず向上します。